不眠症対策で理想の睡眠へ

心をリラックスする

心をリラックスさせるのは、深い睡眠を行う事ができるようになるためにとても大切な事です。
寝付きの悪い人で多いのは仕事をばりばりこなし、パソコンの前で長時間にらめっこをしており、脳を集中して使っている人に多いといわれています。
こういう集中型の脳で仕事をしているひとは、常に自律神経が高まっている状態になっているため、深い睡眠に入る事がでなくなります。
逆にあまり思い詰めない分散型の人の場合は常にリラックスをしている状態でいれるので、深い睡眠に入りやすくなるのです。

集中型がわるいということではありません。そのような時もひつようです。ですが、仕事に追われていたり、不安な事がたくさんあって眠れないと言う人はまずそのものごとを忘れれるような環境にいったり、眠る2時間前ぐらいにはパソコンやテレビを見る事なく、リラックスした状態を作るようにしていくなどの主観をつくることが必要です。

なんでもやらないと気に入らない完璧主義な心持ちなどは少し柔らかさを作ってあげることでリラックスした生活をおこりやすくなるのかもしれません。

新着情報いろいろ

2012/11/09
質をたかめるためにを更新
2012/11/09
体内のしくみを更新
2012/11/09
高齢者の悩みを更新
2012/11/09
寝れてるかチェックを更新
2012/11/09
心をリラックスするを更新
2012/11/01
ホームページリニューアル